ヤンマー防災用発電装置始動不良の可能性

[詳細内容]

防災用ディーゼル発電装置
AY40L-UT
AY40L-ST
AY40L-ET

機関停止中に、燃料配管系統のアキュームレータ内の油面が低下し、この油面が極端に低下すると燃料噴射ポンプ内にエアが滞留し始動不良を起こす可能性があるため。



[対策]
無償修理

[問合せ先]
ヤンマー(株)
特機エンジン統括部 品質保証部
06−6428−3137 (9:00〜17:00土日祝を除く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ホーチキ 無線式自動火災報知設備 無線移報の不具合

[詳細内容]
火災作動信号を無線移報しない恐れが判明

[対象]
MAG-SLAA-2RLY(2010年5月から2015年7月製造分)
MAG-DSAA-2RLY(2010年6月から2015年7月製造分)
MAG-DFAA-1W70RLY(2011年5月から2015年7月製造分)
MAG-DFAA-TW60RLY(2011年5月から2015年7月製造分)

[対策]
点検および交換

[問合せ先]
ホーチキ 問い合わせフリーダイヤル 0120-998-882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初田/ドライ/丸山 パッケージT型 放射力が弱まる恐れ

[詳細内容]
ホースに異物が詰まり、消火薬剤の放射力が弱まる事案が発生。
(容器内圧変動による薬剤上がり)

ホースの詰まりをそのまま放置すると、消火薬剤が放射できない可能性がある。

[対象]
パッケージ型消火設備 I 型

初田製作所製
HSSW-825S3 PG-042号 2012年?2017年
HSSW-825S2 PG-028号 2006年?2017年
HSSW-825S PG-017号 2004年?2008年
HSSW-825S 評13-012号 2001年?2004年

日本ドライケミカル製
K-80P(I) PG-044号 2012年?2017年 

丸山製作所製
KNA-85EH PG-045号 2012年?2017年

[対策]
無償点検と改修
(当該改修は、要着工届出・設置届出と指定されました)

[問合せ先]
全社共通問い合わせ先
初田製作所 専用窓口
電 話 番 号:0120-989-115



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2017年電波障害クリーン月間

総務省 北海道総合通信局
電波監理部 電波利用環境課 企画管理様より、今年もポスターとリーフレットが届きました。

公共の電波をクリーンに使いましょう。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  電波法改正 勧告・公表の対象に「輸入業者」が追加

[改正のポイント]
勧告・輸入の対象に「輸入業者」が追加されました。
近年、市販されているベビーモニターやトランシーバー等の中には、日本国内の電波法に合致しない外国規格の製品が広く流通しており、他の無線局への混信や妨害が生じる事例が増えているため、新たに対象となりました。

無線設備の製造・輸入・販売に関する努力義務の新設
製造・輸入・販売に関わる事業者は、無線設備の秩序の維持に資するため、国内電波法に適合しない無線機器設備の製造や輸入、販売を行わない様につとめる義務があります。

■電波法第102条の11第1項/同第4項/第113条第25号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2007年11月以前の無線機は使えなくなる新スプリアス規格

[概 要]
平成17年12月、電波法に定めるスプリアス規格(新スプリアス規格)が改正されました。

これに伴い、アマチュア無線や業務無線などの使用用途に限らず、既に免許をうけている局の、平成19年11月以前に製造された古い無線機(旧スプリアス規格の無線設備)の使用期限が、平成34年11月30日までとなります。尚、開局運用中の局は、従前どうり再免許手続きを行う事により、平成34年11月30日まで古い機器の使用が可能です。

また、アマチュア局に対しては経過措置として、平成19年11月30日以前に製造製作された旧スプリアス規格の無線機による、「開設、変更(増設・取替え)」について、平成29年11月30日までは、免許又は許可を受けることができることとされています。

注意:
経過措置は、12月1旧以降の開設、変更(増設・取替え)は、新スプリアス対応の機器(新スプリアス確認保証等による対応機器を含む)でなければ許可を受ける事が出来ないという意です。(例 : ×中古の旧規格無線機を入手し12月1日に変更届(増設)を提出した。 ×免許を取得したので、譲り受けた旧規格無線機で開局申請を行った。)

[200W以下のアマチュア局の新スプリアス規格への移行]

200W以下のアマチュア局の場合、旧スプリアス規格機器を新スプリアス規格機器へ交換し変更届を行うか、またはJARDによる新スプリアス確認保証でスプリアス確認届を提出する事により、新スプリアス規格対応局へ移行する方法が容易で一般的な方法です。

JARDから届いたスプリアス確認保証通知書。
この通知書には、個別の確認保証番号と、

「貴殿から提出のありましたスプリアス確認保証願いは(略).....新規則の条件に適合することを保証したので、スプリアス発射及び不要発射の強度確認届出書(アマチュア局の保証用)を、○年○月○日、所轄の総合通信局(又は沖縄総合通信事務所)へ提出しましたことを、ご通知いたします」と記載されています。

つまり、この通知書が届いた頃には既にスプリアス確認保証願書が総通に届いており、新スプリアス規格への移行が完了しているという事になります。

これで保証を受けた機器は、平成34年以降も使い続ける事ができます。尚、このスプリアス確認保証通知書は申請者控えなので、総通に送付や添付する必要はありません。

 

 

[200Wを超えるアマチュア局の新スプリアス規格への移行]

工事設計に於いて、200Wを超える無線設備として免許を受けている場合、たとえエキサイターが200W以下であってもスプリアス確認保証を受ける事は出来ません。

現在、200Wを超える局については、総務省と日本アマチュア無線連盟が協議中であり、具体的な移行方法が明示されておりません。よって、総務省と日本アマチュア無線連盟からの発表があるまでは、従前どうり再免許手続きを行い、近々、移行方法について発表があるので、開示を待って適宜対応してほしいとの事。(2017/8月末現在 北海道総通確認による)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  パナソニック「タブレットパソコン」火災の恐れ

[詳細内容]
バッテリーパックが発火し火災に至る恐れがある事が判明

[対象]
タブレットパソコン FZ-G1シリーズ
本体品番(上6桁)
FZ-G1A∗∗∗∗∗∗
FZ-G1B∗∗∗∗∗∗
FZ-G1C∗∗∗∗∗∗
FZ-G1F∗∗∗∗∗∗
FZ-G1J∗∗∗∗∗∗
FZ-G1K∗∗∗∗∗∗
FZ-G1L∗∗∗∗∗∗
FZ-G1M∗∗∗∗∗∗
FZ-G1N∗∗∗∗∗∗

バッテリーパックの品番
FZ-VZSU84K
FZ-VZSU84R
FZ-VZSU84U
FZ-VZSU89U
FZ-VZSU96U
FZ-VZSU97U

[対策]
バッテリーパックの無償交換

[問合せ先]
コールセンター
フリーダイヤル 0120-870-163
受付時間 9時〜17時(土・日・祝日を除く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  恵安「ノートパソコン」マルウェア混入


[詳細内容]
KEIAN Wizシリーズの以下の機種にマルウェアが混入している事が判明

[対象]
KEIAN Wizシリーズ 14インチノートパソコン
型番:KBM14HD

[対策]
回収

[問合せ先]
恵安株式会社
電話:03-3980-6442 (土日、祝日を除く 10時?17時)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  リコー「カラーレーザー複合機」誤った宛先へ送信

[詳細内容]
パソコンからデータを直接ファクス送信できる「PCファクス送信機能」を使い、複数の宛先に連続して送信指示をかけた際に、前の宛先に送った画像が次の宛先のPCファクス通信に統合されて送信される場合があり、この際、以下のような不具合が発生する可能性を確認。

・ 意図しない宛先にファクスが送信される
・ ファクス送信をしたのに実際には送られない

「PC ファクス送信機能」を使わずに、ファクス送信する場合は発生しない。

[対象]
RICOH SP C251SF、RICOH SP C250SFL
発売開始:2014年3月6日

対象製造機番:
RICOH SP C251SF  49BD-110001 〜 49BD-120360
RICOH SP C250SFL 49BC-110001 〜 49BC-111454

[対策]
本体ファームウェアをアップデート

[問合せ先]
電話番号:0120-369-653 フリーダイヤル
平日(月〜金) 9時〜17時(祝祭日、当社休業日を除く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  キヤノン「一眼レフ用交換レンズ」AF不具合

[詳細内容]
広角側において測距エリア選択モードに関わらず、周辺のAFフレームが選ばれた場合、正しくピントが合わない。

[対象]
一眼レフカメラ用交換レンズ
EF24-105mm F4L IS II USM」の一部の製品

レンズ本体記載シリアル番号左から2桁の数字が

”48”、”49”、”50”、”51”のレンズの一部の製品が対象

[対策]
無償修理

[問合せ先]
0120-339-832 フリーダイヤル
平日・土・日・祝日9時00分〜18時00分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  UPQ「4Kディスプレイ」120Hz未対応

[詳細内容]
リフレッシュレートの表記誤り
誤)120Hz
正)60Hz

[対象]
Q-display 4K50
Q-display 4K50X
Q-display 4K65 Limited model 2016/17

[対策]
2017年4月12日11時より2017年6月30日 23時59分まで
2000円のキャッシュバック対応
2000円分のAmazonギフト券(Eメール)

[問合せ先]
UPQサポート窓口
http://upq.me/jp/contact/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  富士フイルム「クリップオンフラッシュ」発熱の恐れ

[詳細内容]
アルカリ電池使用の場合に電池が発熱。
フラッシュの電源が入らなくなる。

[対象]
クリップオンフラッシュ EF-X500
製造番号 100001〜110103

 

[対策]
ファームウエア更新

[問合せ先]
富士フイルム FinePixサポートセンター
TEL 050-3786-1060
受付時間:9:30〜17:30(月〜金)
10:00〜17:00(土・日・祝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
(C)1991 HOKUTHO BOUSAI SEIGYO, INC., Allrights Reserved.