消防用設備等

建築設備検査

自動制御

防犯設備

コンピュータ

無線通信設備

電気設備工事

燃焼機器設備

ほくとうサービス
 
 

[消防施設工事]は、国家資格である消防設備士の独占業務と定められており、消防設備士は、消防法や市町村火災予防条例などに基づき設備工事を施工します。

消防施設工事の基本的な流れは、「工事着工の10日前までに着工届出書」、「工事完了後4日以内に

設置届出書」を所轄の消防機関に提出しなければなりません。

設置届出書(試験結果報告書)を受理した消防機関は、「消防立会検査」を実施し、工事の内容が届出と相違がなく、消防法に合致していると認めた場合は「検査済証」を発行します。

一定の条件を満たし軽微な工事に該当する場合を除き、基本的には消防用設備の新設や増設、移設、改造、交換には届出と検査が原則必要です。



近年の改正消防法により、一定の条件を満たす建物に対して自動火災報知設備の設置義務拡大や、煙感知器の設置基準の見直し、自動火災報知設備受信機の再鳴動機能付きの義務化などといった大きな改正が行われました。

弊社は工事の品質にもこだわり、確かな技術と経験で消防設備業務を提供しています。

 

 

 

 

 

 

(C)1991 HOKUTHO BOUSAI SEIGYO, INC., Allrights Reserved.