消防用設備等

建築設備検査

自動制御

防犯設備

コンピュータ

無線通信設備

電気設備工事

燃焼機器設備

ほくとうサービス
 
 

「建築設備」 とは、 換気設備・排煙設備(防火ダンパー、可動防煙壁など)・非常用の照明装置・給水設備及び排水設備を指します。

また、「防火設備」とは、防火扉・防火シャッター・耐火クロススクリーン・ドレンチャーその他水幕形成する防火設備の事を指します。

これらの設備は、建築基準法により「建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない。」と、されており、用途や規模、建築設備により定期報告を要する建物が定められています。

建築設備の調査点検と報告は、一級建築士若しくは二級建築士
または以下の資格者が行う事とされています。

建築物調査員資格者(建築物、建築設備及び昇降機等)

特定建築物調査員資格者(特定建築物)

建築設備検査員資格者(昇降機を除く建築設備)

防火設備検査員資格者(防火ダンパーを除く防火設備)

昇降機等検査員資格者(昇降機、遊戯施設)

注意 : 延焼の恐れのある部分に設ける防火ダンパーは、「特定建築物調査員」に限られています。



但し、昇降機を除く建築設備の定期報告の対象は、「特定行政庁が指定するもの」とされており、各特定行政庁の実情に応じた指定に委ねられています。

よって詳細は、地域を所轄する特定行政庁、または、定期検査報告書の受付事務を担う関係団体に事前に確認する必要があります
 


(C)1991 HOKUTHO BOUSAI SEIGYO, INC., Allrights Reserved.